旭化成18年ぶりの優勝!2017年ニューイヤー駅伝

 元旦の上州路7区間100㎞のコースで、“駅伝日本一”の座を懸けて競われるニューイヤー駅伝。旭化成が4時間49分55秒で、18年ぶりとなる優勝を飾り、自らの持つ最多優勝記録を22回に更新した。3連覇を狙ったトヨタ自動車は、前半の遅れを取り戻せず2位に終わった。また、地元SUBARUは31位に留まった。

エース区間4区、トップはDeNA・高木登志夫

4区区間賞、旭化成・市田孝(左)と3位争いを繰り広げるコニカミノルタ・神野大地(右)

DeNA・高木を追走するトヨタ自動車・服部勇馬


序盤の遅れを取り戻せなかった地元SUBARU・塩谷桂大

日清食品グループ・村澤明伸(中)とデッドヒートを繰り広げるトヨタ自動車九州・今井正人(右)

入賞圏内目指して激走するHONDA・設楽悠汰


スポーツ情報募集
総合型地域スポーツクラブ おおたスポーツアカデミー
パナソニック ワイルドナイツ
富士重工業硬式野球部
群馬ダイヤモンドペガサス
サッカー ザスパ草津
プロバスケットボール リンク栃木
水が教えてくれたホントの暮らし シンプル生活
群馬県太田市 名刺 パンフレット ホームページ ゼロトップ
太田市 ホームページ制作 ディーアイシー太田市
廃車手続き、廃車買取(株)エコアール
全国タウン誌情報UNYO!